道頓堀はホテルが少ない

  • この前、友人と大阪に遊びに行った時のこと。行き当たりばったりでホテルは適当に取ろうという無計画さのまま、大阪の街を散策した。
    一日目の梅田はホテルがたくさん並んでいたので、泊まる所に困らなかった。選り好みしなければ空き室のあるホテルはたくさんあった。
    二日目になんばや道頓堀の方に足を運んだ。梅田は何だか綺麗でお高いイメージがあったが、なんばと道頓堀は何だかとても庶民的。観光客が沢山歩いているし、食べる所に買うところ、なんだか梅田と雰囲気が違う。
    それは決して小汚いというわけではなく、庶民的で逆に落ち着けるということ人が多くてなかなか先に進めないのが少々難点だったけれど、それでも楽しかった。
    道頓堀のとある居酒屋で飲み終えた後、さぁホテルでも探そうかとなったのだが、ホテルの姿がなかったのだ。
    いやそんな筈は。ところかしこにホテルってあるものじゃないのか?と、道頓堀の中をあちこち歩きまわったのだが、見当たらず。
    ラブホテルはあったけど道頓堀のビジネスホテルはなかった。しかたがないので女性同士でも入れるラブホテルを利用することにした。これもまた一つの旅の醍醐味でもあるけれど。 どうやら道頓堀はホテルが建つような街というわけでは無さそうだ、と思えた。